相続税

_DSC3111.jpgのサムネール画像

相続税とは親族が亡くなった場合に、その人が残した財産を相続、
遺贈等によって取得した時にかかる税金のことです。

取得した財産が一定額以下であれば、相続税はかからず、
申告の必要はありませんが、相続基礎控除額の変更と相続税の税率変更がなされ、今後相続税が発生する方が大幅に増えることが予想されます。

 

また、相続税の申告と納税は、相続の開始があったことを知った日の翌日から10ヶ月以内に、
亡くなった方の亡くなった当時の住所地の税務署に対して行わなければなりません。

 

相続税申告を行うには、最低でも2ヶ月程度の期間を要することが多いため、
早めに準備をされることをお薦めします。

もし、申告の期限までに申告しなかった場合には加算税が、期限までに納めなかった場合には、
延滞税がかかりますので注意が必要です。 》》詳しくはコチラ

 

相続税とは

相続税とは、相続や遺贈によって財産を得る際、
一定以上の財産がある場合に課せられます。
まずは相続税とはどのようなものなのかを理解しましょう。
 》詳しくはこちら

相続税の評価

相続税とはある一定以上の財産を得るときに、国から課せられる税金のことです。
では、相続税がどのように算出されるのか、
いったいいくらの相続税が掛かるのかを把握しましょう。
 》詳しくはこちら

相続税対策の3つの視点

相続税の対策は大きく3つあります。
相続税をどうやって納税するか、の納税対策。
相続税をいかに節税するか、の節税対策。
親族間でもめないようにする、分割・もめない対策。
 》詳しくはこちら



阪神相続遺言相談室では相続相談会を実施しております!

毎日多くの方々から相続についてご相談をいただいております。
遺言書の作成から、相続手続き、名義変更や相続税申告に関することなど、お困りのことがございましたら何でもご相談下さい。
専門家がお答え致します!

皆様のお役に立てれば幸いです。
_DSC31910002.png


Img7.jpg

※相続のご相談は、直接お会いする面談形式のみとさせていただいております。
 お電話やメールでのご相談では、ご相談者の本当の背景がわかりにくい場合が多いです。
 ご相談者の本当の悩みは、直接お会いすることでしか共感できないと当事務所は考えております。


 

阪神相続遺言相談室について

トップへ戻る

事務所紹介

スタッフ紹介

サービスメニュー

アクセス

お客様の声

 

Copyright (C) 2013 税理士法人 阪神税務総合事務所 All Rights Reserved.