• HOME
  • 遺言書が出てきたら

遺言書が出てきたら

_DSC3144.jpg

相続が発生したらまず行わなければいけないのが遺言書の有無の確認です。なぜなら、遺産分割において最優先されるのが故人の意思=遺言だからです。

必ず行ないましょう。
そして、もし遺言書が出てきた場合にはすぐに開封してはいけません。

なぜならば遺言書の種類によっては開封してしまうと過料その他が発生する場合があるからです。


そこで、遺言書が出てきた場合の取り扱いやその後の手順などについて確認して行きましょう。


遺言の検認・執行

遺言書は遺言書の種類によって開封の仕方に決まりがあります。 また、開封後の手続きも決まっていますので、しっかり理解しておきましょう。


 

遺言についての良くある質問

遺言書は一般には馴染みの薄いものではありますが、法的効力がありますので正しく理解することで様々な活用方法があります。 そこで代表的な質問を例に理解を深めて行きましょう。



阪神相続遺言相談室では相続相談会を実施しております!

毎日多くの方々から相続についてご相談をいただいております。
遺言書の作成から、相続手続き、名義変更や相続税申告に関することなど、お困りのことがございましたら何でもご相談下さい。
専門家がお答え致します!

皆様のお役に立てれば幸いです。
_DSC31910002.png


Img7.jpg

※相続のご相談は、直接お会いする面談形式のみとさせていただいております。
 お電話やメールでのご相談では、ご相談者の本当の背景がわかりにくい場合が多いです。
 ご相談者の本当の悩みは、直接お会いすることでしか共感できないと当事務所は考えております。


 

阪神相続遺言相談室について

トップへ戻る

事務所紹介

スタッフ紹介

サービスメニュー

アクセス

お客様の声

 

Copyright (C) 2013 税理士法人 阪神税務総合事務所 All Rights Reserved.