単純承認

相続財産と債務を無条件・無制限に全て引き継ぐ方法を単純承認といいます。

相続開始を知った時から3ヶ月以内(熟慮期間とも言います)に限定承認・相続放棄の手続きをとらない場合、自動的に単純承認となります。

 

しかしながら、相続開始を知らなかった場合は、相続人に単純承認の意思があったものと認める理由がないため、単純承認したものとは、認められません。

 

単純承認したことになる一般的なケースは以下の3つになります。

 

1・相続人が、相続財産の全部又は一部を処分したとき。
2・相続人が相続開始を知った時から3ヶ月以内に限定承認又は放棄をしなかったとき。
3・相続人が、限定承認又は放棄をした後でも、相続財産の全部若しくは一部を隠匿し、私的にこれを消費し、又は悪意でこれを財産目録に記載しなかったとき。

これらの場合は、相続する意思がたとえなかったとしても、自動的に単純承認になりますので注意が必要です。


また、単純承認は無限に権利義務を承継するため相続するという判断は慎重に行なう必要があります。



詳しい内容はこちら

単純承認とは

相続放棄とは

限定承認とは



阪神相続遺言相談室では相続相談会を実施しております!

毎日多くの方々から相続についてご相談をいただいております。
遺言書の作成から、相続手続き、名義変更や相続税申告に関することなど、お困りのことがございましたら何でもご相談下さい。
専門家がお答え致します!

皆様のお役に立てれば幸いです。
_DSC31910002.png


Img7.jpg

※相続のご相談は、直接お会いする面談形式のみとさせていただいております。
 お電話やメールでのご相談では、ご相談者の本当の背景がわかりにくい場合が多いです。
 ご相談者の本当の悩みは、直接お会いすることでしか共感できないと当事務所は考えております。


 

阪神相続遺言相談室について

トップへ戻る

事務所紹介

スタッフ紹介

サービスメニュー

アクセス

お客様の声

 

Copyright (C) 2013 税理士法人 阪神税務総合事務所 All Rights Reserved.