• HOME
  • 相続方法の決定

相続方法の決定

相続人が確定し、遺産の概要も見えてきましたら、あとはそれをどう分けるかですが、遺産にはプラスの財産とマイナスの財産があり、プラスの財産が多いか少ないかによって分ける際の考え方も変わってきます。

そこで、どのように考えるのかをみて行きましょう。
 

単純相続

遺産がプラスかマイナスかにかかわらず、遺産をそのまま引継ぐ方法です。

 

相続放棄

プラスの財産よりもマイナスの財産が多い場合や、何らかの原因で相続人になりたくない場合にとられることが多い方法です。

 

限定承認

プラスの財産とマイナスの財産のどちらが多いかわからない場合に、プラスの財産の限度の範囲でマイナスの財産も相続する方法です。



詳しい内容はこちら

単純承認とは

相続放棄とは

限定承認とは



阪神相続遺言相談室では相続相談会を実施しております!

毎日多くの方々から相続についてご相談をいただいております。
遺言書の作成から、相続手続き、名義変更や相続税申告に関することなど、お困りのことがございましたら何でもご相談下さい。
専門家がお答え致します!

皆様のお役に立てれば幸いです。
_DSC31910002.png


Img7.jpg

※相続のご相談は、直接お会いする面談形式のみとさせていただいております。
 お電話やメールでのご相談では、ご相談者の本当の背景がわかりにくい場合が多いです。
 ご相談者の本当の悩みは、直接お会いすることでしか共感できないと当事務所は考えております。


 

阪神相続遺言相談室について

トップへ戻る

事務所紹介

スタッフ紹介

サービスメニュー

アクセス

お客様の声

 

Copyright (C) 2013 税理士法人 阪神税務総合事務所 All Rights Reserved.