相続の専門家


相続が発生したら、相続のことを考えたとき、いったい誰に相談すればよいのでしょうか?

ここでは、どの専門家に相談するのが最もかしこい選択なのかを見ていきます。


各専門家の業務内容


行政書士はどのようなことを依頼することができるのでしょう。
行政書士の仕事のメインは許認可の申請で、相続においては遺言書作成サポート、遺産分割協議書の作成ですが、相続登記、相続税申告には携わることができません。

司法書士の主な業務は、相続不動産の名義変更(相続登記)です。
近年、相続に力を入れて遺言書作成をサポートしたり後見制度に詳しい司法書士が少しずつ増えてきましたが、まだまだ不動産の名義変更業務ばかりの事務所が多いのが現状です。

相続における税理士のメイン業務は、相続税の申告とそれに伴う調査です。
税理士は相続の相談相手として選ばれるケースが多いようですが、相続税申告は発生頻度が低いので頻繁に携わっているケースは少ないようです。

弁護士のメイン業務は、やはり訴訟、裁判などの争いごとです。
もめるようなケースは弁護士の専門領域になります。


阪神相続遺言相談室


以上のように、各士業には一長一短があります。

また、相続の問題は、実に多岐分野に渡るものです。

阪神相続遺言相談室は、税理士以外にも、司法書士・弁護士・土地家屋調査士・
行政書士・社労士ともネットワークのある相続専門集団ですから、豊かな知識・経験・実績でお客様の相続を全面的にバックアップいたします。



詳しい内容はこちら!

相続の流れ

相続の専門家とは?



阪神相続遺言相談室では相続相談会を実施しております!

毎日多くの方々から相続についてご相談をいただいております。
遺言書の作成から、相続手続き、名義変更や相続税申告に関することなど、お困りのことがございましたら何でもご相談下さい。
専門家がお答え致します!

皆様のお役に立てれば幸いです。
_DSC31910002.png


Img7.jpg

※相続のご相談は、直接お会いする面談形式のみとさせていただいております。
 お電話やメールでのご相談では、ご相談者の本当の背景がわかりにくい場合が多いです。
 ご相談者の本当の悩みは、直接お会いすることでしか共感できないと当事務所は考えております。


 

阪神相続遺言相談室について

トップへ戻る

事務所紹介

スタッフ紹介

サービスメニュー

アクセス

お客様の声

 

Copyright (C) 2013 税理士法人 阪神税務総合事務所 All Rights Reserved.